フィナステリドでAGA改善が望めなかったらアボダート

日本でAGAの治療によく使われているプロペシアなどに有効成分として含まれているのがフィナステリドです。
フィナステリドは5α-リダクターゼの働きを抑制することによって脱毛を防ぎ、発毛を促進する効果があるとされており、内服薬であることにより、ホルモンレベルで発毛を促せるという点が高く評価されていました。
しかし、その後登場したアボダートという薬が、AGA治療においてプロペシアなどのフィナステリド剤よりも高い効果を持つと言われ、注目されています。
アボダートはもともとは前立腺肥大症の治療薬として作られたもので、アメリカのFDAに認可を受けています。
アボダートは有効成分としてデュタステリドを持っていますが、1型と2型の5α-リダクターゼを同時に抑えることが出来るため、2型5α-リダクターゼしか抑えられないフィナステリド剤よりも発毛効果が高いとされています。
AGAにより強く影響を与えるのは2型5α-リダクターゼであるため、日本の医療機関では2型への対策を重点的に行った方が合理的であると考えてフィナステリド剤を中心にしています。
その従来の治療法でAGAの改善が望めなかった人には、アボダートを試してみる価値があると言えるでしょう。
アボダートは処方してくれる病院もありますが、通販で購入することも出来ます。
アボダートを扱っているのは薬の個人輸入代行サイトで、フランス製のものやシンガポール製のものなどが通販で手に入ります。
アボダートは男性専用の薬であり、女性には重大な副作用の危険があるため絶対に飲んではいけないなどの守るべきことがありますので、医師の指示に従って服用することが望ましく、通販での入手の際には注意が必要です。